霊視で現実世界をカウンセリングして解決いたします。
霊能・スピリチュアルだけのアドバイスだけではなく、人が日々生きている現実世界との調和が必要だと思っています。
そのため、法律資格や現実世界の学びも生かした、総合的なカウンセリングとコンサルティングをしています。

桃原 章浩

人生の壁

「人は壁を乗り越えることに価値がある」と思う方がいます。

しかし、神か、仏か、宇宙かは、なんでもよいのですが、こう告げてきます。
「人に壁が出てくることにこそ価値がある」んだと。
そして、「その壁に対応する態度が人生、霊界、生まれ変わりに反映する」んだとも。
私は壁を乗り越えれなくてもいいと思います。
生きていることが大切だと思いますから。
しかし、壁から逃げても、また壁はやってきます。
その時に、再チャレンジすればいいのだとも思っています。
私はあくまでも、霊能者です。
神や、仏ではないので、「救う」ということは出来ません。
あくまでも、アドバイスを差し上げるのみです。
アドバイスを実行なさるか、なさらないかは、ご自身にかかっています。
剣や盾になれても、闘うのはご自身です。
また、ご本人は「壁」と思っていても、実は「扉」かもしれません。
さらに「壁」でも、実は、ちょっと歩けば見せかけの「壁」で、横から入れるかもしれません。
そんな、アドバイスを霊視して告げる役目が、私は霊能者だと思っています。
恐怖におびえさせるだけで、解決策を出さないのであれば、私は「意味がない」と思っています。
霊界や現実界が絡み合って起こっていることが多々あります。
私は、どちらも大切にすべきだと思っています。
あの世での在り方のアドバイスをしても、今の現実界では意味はなさないでしょう。
今の「壁」をどうするかが、問題なのですから。
ご先祖から受け継いできた因縁や、ご自身が蒔いた種が原因かも知れません。
皆さん、その人その人に課題があるのです。
また、その人その人に「壁」は異なり、アドバイスも変わるのです。
「パワーストーンを買ったから、幸せがやってくる!」との広告もありますが、私は全く信じてません。
大概、インチキ商売です。
悩んでいる人につけこむ、悪徳商法だと思います。
また、モノを買わせたり、◯◯教に入らせて、失敗すると、◯◯教で◯◯様への、祈りが足りない。
お布施が足りないとか、平気で述べている信者を見ると、呆れ果てていますし、尋常じゃないなぁーと思っています。
◯◯教や◯◯様を信じるのは自由ですが、平気で、◯◯教からバチが当たるとかいってるのを見ていると、病院を勧めるしか方法はないなぁーと思っています。
◯◯教や◯◯様を信じて、行動している自分の存在には、平気で目をつぶり、他者を愚弄する。
それが、神様か、仏なら、私は命をかけて、刺し違えても葬りさります。
宗教を信じるのは、自由ですが、その宗教を信じている自分の存在を忘れてはいけないと思います。
自分があるのは、両親がいたからです。
そして、その自分がいるのは社会があるからです。
そして、その社会や、宗教の存在を信じているのは、ご自身です。
神様や仏様は、祈れば、何でもすぐに叶えてくれると思うのは、神様や仏様を自動販売機か何かと誤解しているとしか思えません。
好き勝手やって、「祈れば大丈夫です!」なんて、狂気の沙汰でしょう。
まさに、それこそ「地獄」だと思います。
一瞬できく万能薬はありません。… 続きを読む

理想のパートナー

「理想のパートナーを探しています!」

とよくカウンセリングで話が出てきます。
やはりご先祖の力が強い方は、ご先祖がバレーボールのトスのように、お相手を沢山出してくれます。
弱い方は、お相手が出る数は少なくなってしまいます。
さらに、ご自身の好みもあります。
「愛したい」「愛されたい」
で、理想のパートナーが出ても見過ごす場合もあります。
また、外見重視、財政重視などがあり、ご先祖が理想のパートナーに会わしてくださっても、見過ごす場合も沢山あります。
ご先祖の指名と、ご本人の意志が異なるわけです。
霊界と現実界のズレが出てしまうわけです。
霊能力者からみると、現実世界にあわせると失敗される方々が多いです。
しかし、自分の人生であり、それも貴重な体験だと思います。
私は、いわば、処方箋を出すのが仕事です。
可能性を提示することです。
ご自身が、納得のいく、後悔をしない選択が一番大切だと思っております。
クライアントに忠実でいる。
霊界からの言葉はねじ曲げない。
自分の価値観を押し付けない。
これを、私は大切にしております。

内宮 再び

雷雨の予報です。
雨100%の予報ですが、傘を持っていない私には関係ありません。
雨が降れば、濡れれば良いだけ。
自然に任せれば良いと思っていますから。

感謝の気持ちを込めて、内宮へ向かいます。

五十鈴川で、身体を浄めます。
水が清んでいます。

正宮です。
人が多いです。
どれだけいたのかは、わかりませんが、メッセージを頂きました。

荒魂社です。
不思議に光が射してきて、メッセージの交換を、します。
神か、仏か、宇宙か、私にとり、なんでも構わないのですが。

参拝を終えて、橋を渡ると雨がぱらつき始めました。

雨の予報もあり、人もまばらです。

おかげ横丁です。

帰りに橋の所に戻ってくると雨でした。
これから参拝の方は石が滑りやすく大変だなぁーと思います。

内宮では必ず男性神と女性神がでます。
男性神が天照です。
女性神は、豊受大御神こと女性神です。
山=太陽
水=川
と御神体を考えられると良いかと思います。
だから、内宮でも山=太陽と
水=川の五十鈴川も御神体であり、両者を大切に感じないことは、神社というものを大切に考えるならば、必要不可欠ではないでしょうか。
普通に観光であれば、そんな肩肘はる必要はないと思いますが。
パワーを得たい、願い事がある、畏敬の念があるとすれば、そのような御神体とよばれるものを大切に考えることも必要だと思いますね。
私は占いはできません。
単なる霊能力者です。
だから、答えも人それぞれにより、バラバラかもしれません。
でも、それがメッセージであれば、私は素直に伝えてねじ曲げることはできません。
それを信じる、信じない、実行する、批判する、それはクライアントの自由であり、私からは離れた領域です。
私は、様々な寺社やパワースポットで、来たメッセージを伝えているだけです。
様々なクライアントの情報も伝えてくれます。
細かいことを言うなぁーと思います。
クライアントの個々人のことを細かく伝えてくるのです。
別に個人のストーカーではありませんが。

内宮2

個人的な願い事はこちらで願います。
正宮は国家的なことなどの願い事になります。
正宮の北側にあります。
北辰信仰ですね。
神様の荒ぶる魂は、荒ぶりが逆になると味方になると古代人は考えました。
光が射して、まぶしいです。

こちらで、皆さんの安産などを祈ります。
場所がわかりづらいので、ちょっと注意が必要です。

ひっそりとした社です。

こちらが子安社です。

子宝宝珠・安産祈願の鳥居を奉納します。

山の神様になります。
内宮には様々な社や宮があります。
やはり、森と水に支えられていることがよく感じれます。
皆さんが少しでも、幸せになっていただけることを祈っております。