霊視で現実世界をカウンセリングして解決いたします。
霊能・スピリチュアルだけのアドバイスだけではなく、人が日々生きている現実世界との調和が必要だと思っています。
そのため、法律資格や現実世界の学びも生かした、総合的なカウンセリングとコンサルティングをしています。

桃原 章浩

家庭菜園

春の発作!
家庭菜園がしたい!
畑がしたい!

家庭菜園という小規模より、
規模は、
もっと広い土地。

無農薬の元気な野菜が食べたい!

埼玉の毛呂の田舎に土地があった。
遠い。
そして、200万は越える…。
良い物件だけど、金銭的に無理。

鳩山にも!
最高の場所と広さ!
しかし、600万!
絶対に金銭的に無理。
そんなお金はない。
しかし、畑を持つことを日々夢みて、
あれ植えたいなぁー。
これ育てたいなぁーと気分転換。
借りると、
植えるものを指定されるので、
自由に植えたい!
いつ、畑を手にいれれるのだろうか?
いつかは、達成してやる。

ジュンク堂書店

久しぶりに書店に行くも、人がけっこういる。

ゴールデンウィーク中や土日休みだからなぁー。
会計も、ソーシャルディスタンスで、次の人との足跡が床にシールがはってある。

会計の列が地下一階までならんでいて、
おもわず断念。
(本当は本を買うお金をもっていなかった。)
単なる冷やかしである。
本棚もスカスカ。
アマゾンは、
本は、後回しにして
生活用品。
アマゾンでは、本は売り切れになっていることが、多い。
パンデミックの傷痕を見た感じがした。

夜の新宿

夜の新宿

都庁が照らされて、
キレイです。
ちょうど、
熊野神社の方からみた都庁です。
ウイグル料理専門店
が路地にひっそりと。

お店の中は凄い人でした。
ソーシャルディスタンス
営業要請
くそ食らえって感じでした。
東京の路地には沢山、
隠れたお店や風景があります。
疲れたとき、
知らない駅で、
さっと降りて小旅行するのも良いと思います。
新しい発見がまっていると思います。
しかし、ウイグル料理って羊なんだろうなぁー。
マトンだと味は苦手だなぁー。
しかし、お店はネイティブの方ばかりだったなぁー。
いつか行ってやる!と思いました。
小さな冒険。

横浜 中華街 関帝廟

関帝廟の神様から呼ばれたので、
また、横浜へ行ってまいりました。
天気予報は雨でしたが、
出かけたら、すぐに晴天!
僕って晴れ男!
全く人がいない、
横浜中華街。
お店もしまっています。

マソ廟も誰もいない。
しかし、
その分しっかりと祈れました。

関帝廟へ行く途中で猫ちゃん発見!
猫ちゃーんと
呼んでみる。

しゃがみこんだから、
寄ってきました。
ナデナデ。

ゴロゴロと気持ちよさそうにしていました。

街は誰もいない。
関帝廟も誰もいない。

金紙とお供えものをして、
しっかりと祈ります。
まだ、数日前に来たばかりですが…。
呼ばれたら、行くのがこの世界の礼儀。

大量の金紙を燃やしてまいりました。
竈は火の海。

のどかな中華街。

本当に誰もいない。

誰もいない。
お店も開いていない。

純粋に幸せを願って帰りました。

横浜 中華街 関帝廟

お店がしまっている中華街。

少しさみしい。

開いているお店には、
警官が来ていた。

自粛要請かな?

関帝廟でゆったりと
願い事が出来るので良かったです。

 

晴天!

燃やす金紙の量が多かったので、
身体が煙のにおい。
マスクしていて良かったー。

マソ廟も人が全くいない。

まるで、ゴーストタウンでした。

早く元気な中華街に戻って欲しいなぁー。
不味い店発見も楽しみなのに。
(不味い店で食事すると願い事が叶うことが多かったりする…私の場合。苦痛だし、痛い出費だけど。)