霊視で現実世界をカウンセリングして解決いたします。
霊能・スピリチュアルだけのアドバイスだけではなく、人が日々生きている現実世界との調和が必要だと思っています。
そのため、法律資格や現実世界の学びも生かした、総合的なカウンセリングとコンサルティングをしています。

桃原 章浩

あさがお9日目 10日目 11日目

毎日、激しい風と雨が降った。

僕は全くテレビを見ないので、天気についてはノータッチだった。
こんな激しい風雨でも居間には誰も居なかった。
ただ、律儀に食事とコップはあった。
いきなり、絵奈さんが玄関から子供を連れて
「あー、嫌になっちゃう。雨だもん。びしょ濡れになっちゃった」
と言って入ってきた。
「身体を拭かないと風邪をひきますよ」と僕は自然と言葉が口から出た。
「うーん。風邪なんて大丈夫」と絵奈さんは笑いながら言った。
午後になると、裕子ちゃんが帰ってくる。
そして勉強を見る。
主に夏休みの宿題と、苦手分野の説明。
裕子ちゃんは、真面目に問題を解き、僕の説明を聞く。
自分からは、あまり質問はして来なかった。
ただ、良く勉強が出来る子だと思った。
プライベートは、会話が成り立たないので、ブラックボックスだった。
夜は宴会。
朝は風と雨。
それから、同じことが2日続いた。
毎日、絵奈さんは、何も喋らない男の子を連れてきた。
喋らない彼にも、何らかの理由があるのだろう。
喋りたくない人間に、無理やり喋らせる必要はない。
買いためた、パンが役にたった。
毎日1つ食べた。
僕は粘り強く待った。
全てのピースを完全にはめないといけない。
それが、僕の仕事だと言い聞かせて。
夜には、縁側に座ってあさがおを見ていた。
ツボミが開こうとしていた。

あさがお8日目

朝から雨だった。

絵奈さんと話たいなと思った。
居間にいくと、誰もいなかった。
律儀に食事とコップがテーブルにあった。
いきなり、玄関から絵奈さんが入ってくるなり、
「この子、私の子なんだ」
と言った。
僕はいきなりのことで、驚いた。
同時に興味深く絵奈さんの子供を見ていた。
男の子で、5才くらいだった。
白いTシャツに、半ズボンだった。
絵奈さんに手を引かれ、居間にきたが、下をずっと向いていた。
何もはなさなかったし、話そうともしなかった。
僕も、話かけようとは思わなかった。
話たくないのに、話させても仕方がない。
嫌なことは嫌なのだから。
男の子は、叱られた後の子供のように下をずっと向いていた。
絵奈さんは、
「昔からこうなの。気にしないで。」
と笑いながら言った。
絵奈さんも、男の子も、海の香りがした。
昼には、裕子ちゃんが多分、学校から帰ってきた。
制服を着ていたから。
この集落で制服を着てわざわざ、買い物には行かないと思う。
そして、勉強をみた。
少しずつ、裕子ちゃんが話をしてくれた。
些細なことだが。
どうやら裕子ちゃんは、稲や木で出来ていないようだ。
夜には飽きずに、宴会だった。
僕は時期を待つしかなかった。

あさがお7日目

僕は大島家を抜け出し、朝から山に登った。

正確には、朝を迎える前だ。
夜と早朝の微妙な駆け引きをぬって、大島家を抜け出した。
玄関からではなく、低い石で作られた塀を越えて。
集落の人間には、誰にも見られたくなかった。
夜は、僕の姿を隠し、早朝は、道を案内した。
山に手入れがされている道は見当たらなかった。
しかし、人が入っている気配はする。
その気配を追いかけ、獣道のような道を登った。
所々に、石で作られた線香立てがあった。
この集落の人間が作ったものだろう。
山の中腹辺りで、朝陽が昇っていた。
山頂は近い。
山頂に着く。
東側は、集落が手に取って見えた。
西側は、断崖絶壁だった。
見渡す限り、広い海と小さな島が見えた。
足元に小さなプラスチック製の白い髪止めが落ちていた。
まさに、海に陽が反射してきらめいていた。「ここで地終わり…だな」と思った。
日差しが強かった。
そして、僕は全てを知った。
僕は、山を降りた。
集落の人間が僕を激しく見つめていた。
見たければいくらでも見たらいい。
だからといって、何も変わらないんだ。
何も。
僕は無言で、玄関から大島家に入った。
大島家では、朝から騒ぎだった。
僕が理由ではない。
毎日の宴会がたたって、イタコのような老婆の霊能者が脱水症状を起こして、村を去ったのだった。
僕は思った。
生け贄はまだ足りない。
恒例の宴会は夜も主宰された。
僕は縁側に座って、伸びゆくあさがおを見ていた。
まだ、花は咲かない。
まだ、時期ではない。
絵奈さんが、後ろから声をかけてきた。
「今日、山に登ったんだって?」
僕は何も答えなかった。
絵奈さんは、一方的に話をした。… 続きを読む

あさがお6日目

カーテンを開けっ放しにしてあるので、朝陽で目が覚める。

今日は、パンを買いに行かねばならない。
居間にいくと、誰もいなかった。
机の上に、律儀に食事とコップが置いてあった。
冷たい麦茶を飲みたいところだが、人の家の冷蔵庫を開ける気はしなかった。
裕子ちゃんか、絵奈さんでもいればなぁーと思った。
その時、絵奈さんが玄関から勢いよく入ってきた。
「ご飯食べた?」
「まだです。冷たい麦茶を頂きたいのですが。」
「冷蔵庫から、勝手に飲めば良いのよ」
絵奈さんは当たり前のように言う。
だが、ここは僕の家ではない。
「みんなはどこに行ったんですかね?」と僕は絵奈さんに聞いてた。
絵奈さんは、
「さあ?畑か買い物じゃない?」
と、自分には全く関係ないように答えた。
「なるほど」と、僕は答えるしかなかった。
絵奈さんは一体何なんだろう? 朝はいつもいない。母親も朝はいない。
田舎だから、朝から畑仕事をしているのだろうか?
それとも、絵奈さんからは、いつも微かに海の香りがするから、漁業でもしているのだろうか?
田舎の生活は、僕には全く予測がつかなかった。
僕はスニーカーを履いて、集落に一軒しかない商店に行った。
調味料は、埃を被っていた。
ペットボトル一本とパンを数個を適当に取り、古びたレジスターに向かった。
誰も居なかった。
大きな声で、何度か呼びかけた。
寝起きのライオンのように、ダルそうに、肥った老婆が出て来て
「740円」と言った。
集落の人間にも同じ態度で接客するのだろうか?
僕は、740円を渡す。
そこに会話はない。
集落の外れに小高い山がある。
僕は明日の朝、登ろうと決めていた。
山に登ることは誰にも伝えるべきではないと、 自然と感じていた。
明日も晴天だと、何故か確信があった。
大島家に戻ると、裕子ちゃんがいた。
この家には誰かしらがいて、監視しているようだ。
夜になると、いつもの宴会だった。… 続きを読む

あさがお5日目

昨日の雨は姿を消し、晴天だった。

ただ、地面はしっかり、雨の記しを刻んでいた。
こんな日は出かける気はしない。
二人の霊能者は、相変わらず二日酔いを繰り返している。
5日酔いというものかもしれない。
この集落の人々は毎日、働いてアルコールを入れている。
この集落の人間は、アルコールが燃料のロボットではないかと、一瞬、頭をよぎった。
5日は、裕子ちゃんの勉強に付き合った。
英語と国語だった。
カロリーメイトもそろそろ尽きてくる。
しかし、ここの料理を食べる気は全くしない。
明日は買い物に行かねばと思った。
夜になると、毎晩宴会になる。
忙しく、母親と裕子ちゃんは動く。
僕は、縁側で1日の出来事を反芻する。
絵奈さんが、後ろから話しかけてくる。
「早く帰りたいの?」
「いや、そんなことはありません」
僕は、「問」から逃げ出すことは出来ない。
「真実」を見つけなければならない。
絵奈さんが去ると、海の香りがした。
海の音がはっきりと聴こえた。