霊視で現実世界をカウンセリングして解決いたします。
霊能・スピリチュアルだけのアドバイスだけではなく、人が日々生きている現実世界との調和が必要だと思っています。
そのため、法律資格や現実世界の学びも生かした、総合的なカウンセリングとコンサルティングをしています。

桃原 章浩

お茶会のお知らせ

下記日程にてお茶会を予定しております。
各日程、各部 参加費 3000円
(飲食代は別途各自ご負担ください。)
時間は、各日とも
①14時~15時30分
②15時40分~17時10分
③17時20分~18時50分
④19時10分~
を予定しております。
③④は未定であります。
ご要望があれば、開催したり(メインテーマに関係なく)、各日・部での疑問に答える時間にしたいと考えております。
お酒を飲みながら食事をするのもありかなぁーと、緩~く考えております。

第1回   2月23日(土曜日) 《浄化》

①14時~15時30分
(運気が悪い空間を、良い場所にするための方法)
②15時40分~17時10分
(パワーストーンの浄化や、大切にしているものの浄化について)
③未定
④未定
第2回    2月24日(日曜日)《仏壇とお墓》
①14時~15時30分
(仏壇やお墓などについて)
②15時40分~17時10分
(仏壇やお墓でのことについて)
③未定
④未定
第3回   … 続きを読む

不安について

人は必ず闇を見つけようとする。
そして、闇に不安を感じる。
しかし、僕に言わせると、その解は間違っている。
闇に答えはない。
むしろ、
光を求め、
光に向かっていく方が自然でもあり、
合理的だ。
闇より、光は見つけやすいからね。
今、闇に悩んでる暇があれば、君はすぐ行動をするべきだと思うが?
間違ってるかい?

恋愛運の向上 恋愛

神でもよいし、仏でもよいし、宇宙でもよいし、ろくでもないものでも、

呼び名は好きになさったら良いと思います。
ここでは、神と呼ばせていただきます。
「恋愛運が向上したい!」
と願った場合、
まず、「神」に届くかが、問題になります。
届いたか、届いていないかは、神主さんなり、霊能者さんに聞いてみましょう。
「神」に届いた場合、
恋愛はどうなるのでしょうか?
①沢山の出会いが増える
と言ったことがあります。
②逆に一気に出会いが減る方々もおられます。
なぜ、「出会い」が減るのでしょうか?
それは、願い事が届き、
「無駄」な恋愛より、願った方々に幸せにつながる「恋愛」へと絞りこまれるからです。
だから、「出会い」が減ることは、
悪くはないのです。
むしろ、「選び安くなった」というわけです。
「出会い」が増えるタイプ
か、
「出会い」が減るタイプ
かは、
その人の人格とご清祥のお力によります。
「恋愛運」の向上で、
「出会い」の数は関係ないと言えます。
やはり、願い事をなさった方々が、
「本当に幸せになる」ことが大切なのではないでしょうか?
霊能者の私は、そのお手伝いをしているにすぎせん。
霊能者は万能薬ではありません。
どのような「恋愛」であれ、
人は「恋愛」をすることで、
自分を見つめざるを得ません。
自分を過大評価する人もいれば、
過小評価する人もいる。
そのようにして、「自分」という「枠」を超えていく。
そこに、「恋愛」の素晴らしさがあるのではないでしょうか?

掃除をしてみる

年明けの大掃除をしてみました。

年末だけではなく、新年も気分一新。
やはり、掃除をすると、

家の中も綺麗になるし、空気の淀みもなくなります。
身体も動かしますし。
電化製品が多く、
乾燥ぎみな冬は、
静電気で埃がたまりがち。
マメに掃除をすると気持ちが良いですよね。
部屋の掃除だけでなく、
心の掃除もしたいものですね。
心の掃除は、知らない間に、「誇り」がたまってしまっているかもしれません。
心の「誇り」は、掃除機では吸いとれないもの。
自分自身が、気づいて、綺麗にしていくかもしれません。
「神」は、「傲慢」は当たり前の中にある、
と良く言います。
○○は当たり前と、
思っていたり、
思い込んでしまうところに、
「傲慢」が潜んでいると。
当たり前と思っていることが、
実は、当たり前ではない。
様々なものの上に成り立っている仮姿にすぎない、と考えていくと仏教になります。
当たり前への「感謝」が大切だと、なるのではないでしょうか?
単純ですが、
「ありがとう❗」
と、素直に感謝して言えること。
そして、
「感謝」出来ること。
この積み重ねが、「自分」という人間をつくっていくのだと思います。

「神」という存在があるとしたら、

「祈って」いる時だけでなく、普段の言動もみているのではないかとも思います。
しかし、その一方で、
「神」は「人間」に全く興味がなくて、全く見ていない可能性もあります。
「神」を信じるかの、パスカルの神への「博打論」のようですが。
私は、宗教者ではありません。
単なる人間です。
神も仏も宇宙も好きに呼べばいいし、いなくてもいいし、と思っています。
自分がゴミ拾いしたり、普段の言動に神や仏に一々おどおどしたり、
何かしら、
ご褒美がもえらるなどと、打算的な考えもないからです。
良いことをしたら、「良いこと銀行」があって、「あの世」で、「良い目」に合えるとも全く思っていないです。
(そう思って行動なさっている人を否定しているわけではありません。)
なにか、その「神」への「良いこと」への見返りを求めることが、「嫌だなぁ~」と個人的に思ってしまうのです。
「良いこと」アピールというか…。
性格が病んでると言われるかもしれませんが。
「神」がいるのであれば、「見返り」をわざわざ求めず、普通に自然体で言動が出来る人間を愛するんじゃないの?と、
個人的に勝手に思っては、います。