霊視で現実世界をカウンセリングして解決いたします。
霊能・スピリチュアルだけのアドバイスだけではなく、人が日々生きている現実世界との調和が必要だと思っています。
そのため、法律資格や現実世界の学びも生かした、総合的なカウンセリングとコンサルティングをしています。

大学入試に失敗した君へ

残念ながら、大学入試に失敗した人もいると思います。

その生徒に言いたいのは、もう受験は始まってるよ!ということです。
浪人生は春先は偏差値が高く出ます。
しかし、7月以降、現役生が部活を退部し、追い込みをかけてくることで、偏差値は下がります。
現役生の得点が上がるからです。
浪人生が現役生に差をつけれるのは、6月までです。
厳しいですが、これが現実です。
来年、悔しい思いをしないために、今日から勉強を始めてください。
英語は文法と単語をしっかりと春休みに固めておくこと。
6月までには、構文の捉え方を理解すること。
古文は、文法を完全に暗記してしまうこと。
そして、単語も覚えていくこと。
社会は全体を通読して、現代史をよく勉強すること。
これが、6月までに現役生徒に差をつけるコツです。
これが出来ないと、厳しい闘いになると思います。
私は、予備校講師・プロ家庭教師をやっていたので、実感があります。
また、今の偏差値はいくつでもいいから、行きたい大学を目指すこと。
その大学への思いが、自分の力を引っ張りあげてくれます。
今まで、教えた生徒でも、大学は無理と言われていた生徒が早慶にも入っています。
思いが自分をひきあげるのです。
私にできるのは、生徒にあった偏差値の参考書や問題集を提示して、年間スケジュールを組んでいくことです。
質より量の猛勉強は私がしました。
効率が悪い。
質と量のバランス。
そして、科目間のバランスをいかにとるか。
そういった戦略も必要にはなります。
繰り返します。
今の偏差値は関係ありません。
強い思いが大事。
そして憧れ。
大学入試は必ず解答があります。
ゲームはクリア出来るのです。
だからこそ、勉強方法を絞り、マスターすれば、大学入試に限って言えば、成功するわけです。
しかし、人生には答えがない。
そのための基礎体力をつける場所が大学だと私は思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 4 =