霊視で現実世界をカウンセリングして解決いたします。
霊能・スピリチュアルだけのアドバイスだけではなく、人が日々生きている現実世界との調和が必要だと思っています。
そのため、法律資格や現実世界の学びも生かした、総合的なカウンセリングとコンサルティングをしています。

伊勢の神様の声

神や仏の存在?

神様が仰るには、

「神は常にいて、また常にいない」
と。
般若心経の
「色即是空 空即是色」
と変わらないと。
神は、様々な空間や場所にもいる。
しかし、感じ手の我々が意識をしないのであれば、
それは「存在」せず、
また、感じ取れないのでしょう。
御仏の差し出してくださる手を、
気づかず払いのけたり、
当たり前と感じとる。
また、
その手をみないで、
自分で好きなことをして、
「神様や仏は助けてくれない」
と述べてしまうのでしょう。
それが傲慢と呼ぶものではないでしょうか?
「感謝と真心と謙遜」。
そして、つつましやかにいきる。
単純ですが、難しいことです。
私も含めて人間は、
つい、
時に、
言い訳をしたり、
人のせい、
社会のせいにしてしまう、
こともあると思います。
ただ、
その現在を招いたのも自分自身であり、
また、
変えていけるのも、
自分自身だとも、
私は思っています。
空の色、
季節が変わるように、
物事は常に変わっていきます。
その中でも、… 続きを読む

心の贅肉

神様は、おっしゃいます。

「人は心に贅肉をつけたがる。しかし、大切なのは、心の贅肉を落とすことだ」と。
人間として、人々は様々な欲があります。
もちろん、私にも。
しかし、
その度を越えてしまうこと、
自分自身が欲にまみれてしまっていることに自覚がないこと、
そのことを強く仰るのだと思います。
当たり前のように、生きていると考え、
当たり前のように、空気を吸い、
当たり前のように、水を飲む。
口を開けば空気がいつもあり、
蛇口を開けば水が出るのが当たり前と思ってしまっている日常生活。
このような日常生活の中でも、一年に1回でも感謝することが大切だよ、と神様は述べられています。
心の贅肉は自覚しづらく、落としにくくもあります。
身体に贅肉があっても、心だけは少しでも贅肉を落としていこうと、自戒を込めて、ブログを書いております。

月読宮

ツクヨミが、分割された内宮管轄になります。
名前も変えて、徹底的に力を削ごうとしています。
優しい気の宮です。
どのような人も包みこんで下さいます。
非常に気持ちよく、心が安らぎます。
月の神。
つまり、夜を支配する神様です。
参拝の順序もあります。
月読宮は、一つだけ背が高いので分かりやすいと思います。
光がガンガンさしてきます。
荒御魂社です。
個人的な願い事はこちらがオススメです。
まぶしい光の中、男性神があらわれます。
イザナギ宮です。
国作りをした、男性神です。
ツクヨミの父親です。
今は多賀大社に鎮座されています。
イザナミ社です。
国作りをした、女性神です。
火の神を産んだとき、火傷でなくなります。
今は死の国にいます。
黄泉の国で有名です。
ギリシア神話と似ている話です。
何故、月読宮に、両親の神々を入れているかというと、ツクヨミが暴走しないためです。
古代の人々は、それだけ、月の神を恐れたのです。
月夜見宮と、月読宮 では、神力が異なります。

外宮

外宮です。
朝早いこともあり、あまり人はいません。
天気は今日も晴天です。

今日は、珍しく神馬もいます。

陽射しが強くなってきました。

外宮正宮です。
豊受大御神です。
衣食住の神様とされます。
本質は 水 です。
だから、豊受大御神以外にも、様々な名前に変化します。
それだけ日本人が水に感謝していた証拠ですね。
水を大切に思うから神と考え、水を恐れるから神と考えたのです。

風の神様です。
風は、ものを吹き飛ばしますが、悪いものも吹き飛ばしてくれます。
また、風が吹かないと空気が停滞して、雨雲がきません。
そんな意味で、風の神様は、内宮でも大切にされます。

陽射しが凄い。

豊受大御神の荒魂の祭られている多賀宮へとむかいます。
階段が険しいので、少し膝の悪い方には辛いかも。

山の御神気と宮を包む水との融和がなされて、
非常に強い御神気を出しています。

雨の予報が晴天です。
やはり、この宮には晴天が似合います。
お好きな願い事をされると良いと思います。
クライアントのお話を神様から、メッセージでいただいたりします。
わざわざ、女性の形をとる必要もないのにと、毎回思ってしまいます。

多賀宮を降りるとあります。

外宮には、一般公開されていませんが、
天岩戸と呼ばれる場所が2ヶ所あります。

土宮です。
土がないと、稲作はできません。

 つまり、五穀豊穣  です。

外宮の正体は、水です。
真名井に表される水です。
五十鈴川の水と多賀宮の山が合わさり、外宮をつくっています。… 続きを読む

水の音

伊勢巡礼の記事が続きますので、ここでひと休み。

ここは瀧原の宮。
この美しい水の流れを見ていると心がやすらぎます。
美しい水の音。
緑に囲まれた美しい場所。
心休まる場所があることに感謝です。