霊視で現実世界をカウンセリングして解決いたします。
霊能・スピリチュアルだけのアドバイスだけではなく、人が日々生きている現実世界との調和が必要だと思っています。
そのため、法律資格や現実世界の学びも生かした、総合的なカウンセリングとコンサルティングをしています。

パワースポット

高野山 2

パレードは続きます。

音楽も流れているのですが、
写メだとつたわりませんね。
申し訳ございません。

子供達も参加しています。

かなり暑い日。

山車も出てきました。

弘法大師より、
興教大師に似ているのでは?
と疑問を持っていました。

奥の院へと向かいます。

有名なお地蔵さんですね。

奥の院到着です。
今日は、人があまりいませんでした。

ゆっくりとお参りしたり、
水供養も出来て良かったです。

 

高野山 1

高野山は
ケーブルカーが新しくなっています。

今日は、弘法大師の生誕祭です。

道を通行止めして行います。

パレードがあります。

さあ、パレードの開始です。

最初は、
お坊さんの列です。

次々と
パレードが続きます。

暑いです!

手違いなど、
至るところに改善ありかなぁーと。

前夜祭のポスターもありました。

パレードは、見ている人は少ないです。
まだ、定着していない状態です。
開催者も、参加者も、観客も。

 

内宮 2

正宮です。
白い幕がめくり上がって、
いつも神かが、あらわれます。
男性なんですけどね。
こちらでは、国や大きなこと、
(私の場合は、クライアントの皆さんの幸せ)
を祈ります。

荒魂を祭る社です。
こちらは、個人的なお願いごとをします。

山の神様
子宝の神様です。

子安社です。

鳥居を寄進して、
クライアントの方々の子宝、安産をお願いします。

こちらは、
俗に言う、財産の神様です。
皆様の、衣食住が満ちることをお願いします。

連日、雨の予報でしたが、
バリバリの晴天。
祈り方、願い事は様々あると思います。
大切なのは、真心と感謝を込めて祈ることだと思います。
霊能者的には、頭の上から、足の真下に一本の線が繋がり、力が流れていく感覚を大切になさると良いと思います。
あくまでも、上から、下へと流れていく。
緊張せず、自然体でです。
そうすると、「メッセージ」や、「繋がる」感覚が感じれるかもしれません。
あくまでも、下から上へではないことだけを意識なさると良いと思います。

皆様のお幸せを常に願っております。

内宮 1


伊勢神宮です。
奈良朝に、神宮といえば
伊勢神宮と石上神宮をさします。
平安朝では、
伊勢神宮と鹿島神宮と香取神宮をさします。

雲一つない、晴天です。
内宮は、右側通行です。

五十鈴川です。
五十鈴川沿いに様々な宮がいます。

早い時間ですが、
人がいます。

三重県の花、
菖蒲の花が飾られています。

朝早いと
水が綺麗です。

小魚が沢山います。

カニがいます。
二匹に増えてました。

内宮は、
森が多いのですが、
ご神気が弱いのかなぁーと思います。

風の神様の社へ
向かいます。

この神様に、
神風として信仰を集めています。

沢山の方々が参拝されました。

風の宮は、
橋を渡ります。

外国人の方々も多いです。

月読宮

「ツキヨミ」「ツクヨミ」を祭る、
内宮管轄の月読宮になります。

月読宮に入るとわかりますが、
非常に優しい気で溢れています。

月読宮には、4つの社があります。
4=死  ですね。
「ツキヨミ」は、力が強い神様なので、
内宮・外宮に別けられ、
さらに
月読宮・月夜見宮と字まで変えられて、
徹底的に封じ込められています。

ここでも、呼ばれる社が一際光っていました。
もう一人の霊能者もわかっていました。

今日も天気予報は雨。
しかし、快晴そのものです。
まずは、
月読宮から参ります。

髪の長い、男性神が必ず出てきます。
月夜見宮と同じ神様です。
話すポイントは違いますけどね。

次に、
月読荒御魂宮を参ります。

光が差し込んできました。

月読が暴走しないように、
両親も祭って、押さえ込んでいます。

こちらは、お父さんですね。

こちらは、お母さんです。

今は、黄泉の国にいます。

月読宮は、
非常に優しい気で溢れています。
場所が少し不便なので、
参拝客は少な目です。
ぜひ神様から、優しい気持ちを貰いましょう。
月読宮は、社の参拝の順序があるので、注意してくださいね。