霊視で現実世界をカウンセリングして解決いたします。
霊能・スピリチュアルだけのアドバイスだけではなく、人が日々生きている現実世界との調和が必要だと思っています。
そのため、法律資格や現実世界の学びも生かした、総合的なカウンセリングとコンサルティングをしています。

パワースポット

関帝廟

関帝廟に行って参りました。
沢山の人で賑わっていました。

浄めのお線香を捧げて、
関帝廟の中に入ります。

神様へのお願いとお礼を込めて、
金紙 を捧げてから、
釜で燃やします。
亡くなった人に捧げるのは
銀紙 になります。

金紙を捧げる釜です。

金紙 を燃やしていきます。
皆様の幸せと健康。
そして依頼者のお願いを願います。

紙は勢いよく燃えていきます。
これは、幸先が良いことを表しています。

竈の中は 火 で凄いことになっています。

5束燃やしています。

やっぱり、5束だと時間がかかりますね。
願い事や、
クライアントの依頼が届くように祈っております。

火は中々燃え尽きません。

消えたかと思うと、また燃えてきます。

燃え尽きて、礼をして
祈ります。

ただ、思いますが 金紙 を燃やしたから、願い事を叶えろよという姿勢や心構えでは、無理だと思います。
やはり、謙虚にお願い致しますと、誠実に感謝の気持ちを持って祈り、金紙 を燃やすのが良いと思います。
神様でなくても、普通、人間にものを頼む時に、上からの発言では聞いてもらえないのではないでしょうか?
私の鑑定事務所には、沢山の霊能者や占い師さんを回ってきたとご自慢をされる方がいます。
しかし、沢山の霊能者や占い師さんを回ることが目的ではなく、ご自身がしあわせになる手段であって、目的と手段を間違えてしまっているのではないでしょうか?
ご自身にあったたった一人のオーダーメイドの霊能者や占い師がいることの方が最高に素晴らしいと思っております。
人生は、
経験を大切にして
希望を見て
充実させていきたいですね。
そのためのお役に立てれるなら、私は幸いです。

高野山

晴天の高野山です。
昨日は大雨だったのが、嘘のようです。

平日ですが、人がそれなりにいます。
海外の方が、特に西洋の方々が宿坊に泊まっておられました。

地上とは異なり、山上の空気は冷たいです。

光も射し、心地よく歩けます。

細かな場所が改装されていて、来る度に、きれいになっています。
今日も工事をしていました。

溝も整備されて綺麗になっています。
奥の院です。
ご先祖の供養をしてまいりました。
護摩木も書きました。
今日は、護摩木の所は人が少な目でした。
心を一体化させることで、メッセージもいただきます。
様々な私の故人・クライアントの故人も語ってくださいます。

水は冷たく、小魚はいませんでした。
水供養もして、皆さんのお幸せとご健康を祈って詣りました。

本日は、大黒天の日のようで、特別の御朱印がおされるそうです。
私は、御朱印には興味が全くないので、よくわかりませんが。
私の弟は集めていた記憶があります。

今日の読経供養の申し込みの方で、ご焼香をしたのは、私だけでした。
読経は約1時間かかります。
また、ご焼香後、浄土真宗と違い、真言宗には法話はありません。
護摩も真言宗にはありますが、浄土真宗にはありません。
葬儀の塩も真言宗にはありますが、浄土真宗にはありません。
浄土真宗では、亡くなったことは穢れではなく、仏になったと考えるからです。
だから、立てるお線香の数も、宗派によりことなります。
ご焼香の回数もです。
様々な宗教の考え方が、様々な所に出ています。
仏壇や数珠でも宗派で異なります。
一度、ご自身の宗派を見て見て、ご先祖のことをお考えなさるのも良いことではないでしょうか?

内宮 再び

雷雨の予報です。
雨100%の予報ですが、傘を持っていない私には関係ありません。
雨が降れば、濡れれば良いだけ。
自然に任せれば良いと思っていますから。

感謝の気持ちを込めて、内宮へ向かいます。

五十鈴川で、身体を浄めます。
水が清んでいます。

正宮です。
人が多いです。
どれだけいたのかは、わかりませんが、メッセージを頂きました。

荒魂社です。
不思議に光が射してきて、メッセージの交換を、します。
神か、仏か、宇宙か、私にとり、なんでも構わないのですが。

参拝を終えて、橋を渡ると雨がぱらつき始めました。

雨の予報もあり、人もまばらです。

おかげ横丁です。

帰りに橋の所に戻ってくると雨でした。
これから参拝の方は石が滑りやすく大変だなぁーと思います。

内宮では必ず男性神と女性神がでます。
男性神が天照です。
女性神は、豊受大御神こと女性神です。
山=太陽
水=川
と御神体を考えられると良いかと思います。
だから、内宮でも山=太陽と
水=川の五十鈴川も御神体であり、両者を大切に感じないことは、神社というものを大切に考えるならば、必要不可欠ではないでしょうか。
普通に観光であれば、そんな肩肘はる必要はないと思いますが。
パワーを得たい、願い事がある、畏敬の念があるとすれば、そのような御神体とよばれるものを大切に考えることも必要だと思いますね。
私は占いはできません。
単なる霊能力者です。
だから、答えも人それぞれにより、バラバラかもしれません。
でも、それがメッセージであれば、私は素直に伝えてねじ曲げることはできません。
それを信じる、信じない、実行する、批判する、それはクライアントの自由であり、私からは離れた領域です。
私は、様々な寺社やパワースポットで、来たメッセージを伝えているだけです。
様々なクライアントの情報も伝えてくれます。
細かいことを言うなぁーと思います。
クライアントの個々人のことを細かく伝えてくるのです。
別に個人のストーカーではありませんが。

内宮2

個人的な願い事はこちらで願います。
正宮は国家的なことなどの願い事になります。
正宮の北側にあります。
北辰信仰ですね。
神様の荒ぶる魂は、荒ぶりが逆になると味方になると古代人は考えました。
光が射して、まぶしいです。

こちらで、皆さんの安産などを祈ります。
場所がわかりづらいので、ちょっと注意が必要です。

ひっそりとした社です。

こちらが子安社です。

子宝宝珠・安産祈願の鳥居を奉納します。

山の神様になります。
内宮には様々な社や宮があります。
やはり、森と水に支えられていることがよく感じれます。
皆さんが少しでも、幸せになっていただけることを祈っております。

 

 

内宮1

内宮です。
大雨の予想でしたが、晴天でした。

橋から見る、五十鈴川です。
五十鈴川に沿って、様々な宮ができています。

緑がまぶしいです。

五十鈴川で、御祓をします。

水がとても清んでいます。
冷たい水です。

風の神の宮に向かいます。
神風信仰のもとになった宮です。

川の流れが意外と速いのがわかると思います。

神の神の宮です。

光がさしてきて、ありがたかったです。

内宮の正宮です。