霊視で現実世界をカウンセリングして解決いたします。
霊能・スピリチュアルだけのアドバイスだけではなく、人が日々生きている現実世界との調和が必要だと思っています。
そのため、法律資格や現実世界の学びも生かした、総合的なカウンセリングとコンサルティングをしています。

スピリチュアル

カウンセリングで

不妊治療をなさっている方々とのカウンセリングも沢山お受けしています。

不妊治療の大変さを周りがあまりに理解されていないなぁーと感じております。
私は、特に日本は。
不妊治療されている方々は、肉体的にも、精神的にも疲れています。
それなのに、周りは急かす。
治療者は、パートナーにも「悪い」と気にしていて、中々本心を言えない。
実はこの状態が、子供さんが降りて来辛い状態なんです。
医学的には、不安による不調。
霊的には、不安により、母体に降りて来る赤ちゃんとのコードが乱れてしまったり、切れたりしてしまうからです。
不妊治療されている方々は、自分自身を責めずに、リラックスしていること。
そして、焦りすぎたり、あまりに考えすぎないこと。
これが大切ではないでしょうか。
不妊治療されている方々がお幸せになられますように。
また、心願成就されますように、
私は祈っております。
明るい家庭は、赤ちゃんが降りやすいもの。
辛いこともありますが、毎日すこしだけでも明るくいる時間をつくられることが大切だと思ってます。
霊能者としては、赤ちゃんがクライアントに視えたりします。
降りるのを待っているのですね。
だからそんなときは、カウンセリングで、焦らず、明るくと、申しております。
幸せは遠くにあるようで、近くにある。
近くにあるようで、遠くにある。
幸せをどの距離になさるかは、ご自身のご判断になります。
私に出来るのは、アドバイスと判断材料にすぎません。
霊能者って、その程度のものです。

月読宮

月読宮です。
ツキヨミを奉っていますが、
こちらは内宮管轄になります。

凄く優しい気に溢れています。
木々も優しく、
本当に心が穏やかになります。
柔らかなエナジーに本当に包まれます。

月読宮には、四つの社があります。
月読を奉る社は、一段大きく造られています。

天気が良く、
本当に優しく感じます。

今日は、こちらの社が一段と光が射してきました。

男性の神様が現れて、
言葉を告げてくれます。
月読社で現れることもあるし、
こちらで現れることもあります。
月夜見と同じ神様ですが、
告げる内容は異なります。
役割ですね。

ツキヨミの父親の神様です。

今は滋賀の多賀大社に鎮座なされています。
糸切り飴が名物だったかな。

ツキヨミの母親になります。

今は黄泉の国にいます。

月読宮は、
いつも優しい神気に溢れています。
きっと、社内に入られると感じられると思います。
同じツキヨミでも、
月夜見宮と月読宮では、
かなり雰囲気とご神気が異なります。

伊勢神宮 外宮

月夜見宮から、
外宮へと歩きます。

外宮の正宮です。
豊受大御神を奉ってあります。
衣食住の神様ですね。
こちらでは、必ず女性の神様があらわれます。

風の神様です。

風は、雨雲を移動させたり、
稲穂を倒す風を止めたりするので、
祭られています。

豊受大御神の荒御魂を奉る社です。
非常にご神気が強い社です。

個人的なお願いは、
正宮ではなく、
こちらで詣られると良いと思います。

土の神様です。

あまり、人気はありませんが、
土から食物を得て、
土に建物が立つことから、
衣食住には欠かせない神様です。

外宮から、内宮へと向かうのが正式な参拝とされますが、それほど気になさらなくても良いと思います。
それよりも、心の有り様の方が大切だと思っています。

 

猿田彦神社

猿田彦神社です。
みちひらき の神社として有名です。

晴天です。
猿田彦は、手塚治虫の漫画でも度々出てきます。
鼻が大きな人間です。

今日は、七五三のお詣りに沢山の方々が来ています。

猿田彦神社は、夫婦で祀られているために、
夫婦円満・子宝と有名です。

鳥に襲われないように、
池には糸が張ってあります。

猿田彦の奥さんを奉った社です。
芸術・芸能の神様とされます。

神社の中にある、大切にされている石です。

写真では、わかりにくいかもしれませんが、かなり大きな石です。

陽射しもよく、
本当に心地好い気分です。

苦しいときの霊能者の使い方

人生って、本当に苦しい時がありますよね。

人から慰めなられても、
「何で私だけ!」
「私の辛さなんかわかるはずかない!」
「何で幸せに生活している人がいるの!」
と、
思う時もあります。
一緒に寄り添ってあげるのも、霊能者の役目でも、あります。
「何で苦しいのか?」
それは、霊能者から視ると、2つに分けることができます。
1つは、家系に因縁があることです。
家系の因縁は、相続のように均等割ではなくて、0か100でしか来ません。
だから、
同じ兄弟、姉妹でも、
因縁を受ける方と、そうではない方に、
はっきりと分かれてしまいます。
霊能者がお役に立てるのは、このような理不尽な因縁を取り除くことに関してです。
2つめは、自分自身が好きなことをしていて、回りに迷惑をかけていて、本人が気づいていない場合です。
これは、因果応報・カルマの法則等、様々な名前で呼ばれます。
こちらの方は、ご自身で作ってしまった以上、自分で引き受けるしかありません。
霊能者は、局所的な解決しかできません。
根本的な解決は、ご本人となるからです。
1つめか、2つめか、は霊能者には区別は当然つきます。
ただ、解決へのアプローチが異なってきます。
うまく、霊能者を使いこなすのも、一つの才能だと思いますよ。