霊視で現実世界をカウンセリングして解決いたします。
霊能・スピリチュアルだけのアドバイスだけではなく、人が日々生きている現実世界との調和が必要だと思っています。
そのため、法律資格や現実世界の学びも生かした、総合的なカウンセリングとコンサルティングをしています。

スピリチュアル

霊能者は悲惨な死に方をする?

クライアントから、

「霊能者の方々って悲惨な亡くなり方をするんでしょう?」
「宣保愛子さんも悲惨な亡くなり方だし、比叡山の酒井阿闍梨も悲惨な亡くなり方だから。」
など、良く質問をお受けします。
霊能者さんの中には、
「心霊や供養は年に1回か、2回しか受けない。寿命が確実に縮まるから」
という方々も居られます。
また、霊能者さんの中には
「本気で命をかけて、霊を入れたり、供養しているのに、金を取りすぎだと言われるから、したふりをする。本気でやるのは、割には合わない。」
「霊のための場所に行ったり、借りたりしたり、実費の費用だけでも莫大な費用がかかるのに、それすらも分かっていない。
だから、やるだけ無駄。
数百万円もらっても割には合わない。
物販の方が有難がられるし、利鞘が大きくていい」
という方々も居られます。
私には、霊能者の側の言い分も理解できますし、多額の費用を支払うクライアントの側の考え方も良くわかります。
私は霊能者としてご先祖供養していますが、やはり赤字です。
儲かるものではありません。
また、儲けのための道具にするものでもないと思っています。
私は、神か、仏か、宇宙か、ろくでもないものかとの御約束で値段を指定されたので従っているだけです。
私は供養のために滞在もしますし、場所もまわります。ゴマや起動などの実費もかなりかかります。
寺社も、建物や施設を維持するのに費用は必要です。
また、私の土地や施設でもなく使わせて頂くには費用が必要です。
当然、その間、カウンセリングは休みます。
そして、何より、沢山の霊と対峙したり、身体に霊を入れたりすることは、疲れます。
場合によっては、供養の後に、入院もしています。
原因は不明で医師にも不思議がられています。
で、最初の話に戻ります。
宣保愛子さんは、お会いしたことがないのでわかりませんが、
多くの霊能者が霊によって、
霊が入ったままや、
霊が憑いて、精神的に病んだり、亡くなられたり、したことは知っています。
私の所には、同業者の方々が来て、相談にものっていますから。
また、そのような方の霊を取ったりもしていますから。
ただ、酒井阿闍梨は、煙草を吸わないのに口腔ガンになったため、「誰かからの霊をもらった」と言われたり、本にも書かれています。
しかし、私は違うと思います。
酒井阿闍梨は、ゴマ焚きを良くなさっていました。
だから、その煙は煙草の比ではなく、もっと沢山の煙を吸って居られたからだと思います。
霊能者さんやクライアントも様々な考え方があります。
この霊の世界やスピリチュアルの世界は、値段はバラバラです。
値段を高い、安い、… 続きを読む

霊能者=先生は間違い

霊能者をいつから、「先生」と呼ぶようになったのだろうか?

私は、「先生」と呼ばれるのが大嫌いです。
南西諸島の 「神様」と呼ばれるのも大嫌いです。
霊能者は全く偉くもありません。
単純に言うと
「死に近い所」
にいる人間です。
普通の方々は、第五感で生きておられます。
霊能者は、第五感では死んでしまうか、死ぬ危険があるので、第六感が出て、サポートしてくれているだけです。
だから、霊能者と呼ばれる人は霊能力があるときは、死ぬような体験をしています。
そして、霊能者と呼ばれる人も、お金持ちになり、霊との関わりをやめると、すぐに霊能力は無くなります。
生きていくのに、必要がないからです。
私は、ご先祖供養や霊を身体にいれたり、言葉を聞いたり、霊との関わりを持っています。
そのため、単に第六感が、まだ存在しているに過ぎません。
霊能力なしで生きれるのが一番です。
霊能者は、偉くもなく、特異な存在に過ぎません。
それだけ、死に敏感なだけです。
皆さんも、第六感は持っています。
「この店やばそう」
「この人やばそう」
「ここは、雰囲気悪い」
等々です。
その理由をもっと具体的にわかるのが、単に霊能者に過ぎないわけです。
そんなわけで、私個人としては、決して霊能者は偉くない!と思っています。
個個人の人徳や人格で、「先生」は決まると思っています。
霊能者=先生 は成り立たないと思っております。
霊能者は、「死に近い」わけですから、日々を、大切に生きているというメリットもあるとは思います。
明日は、「チーン」と終わっているかもしれないからです。
そのため、私も日々、全力投球です。
一期一会。
今日のクライアントに、次に話そうと思って伝えることが出来なかったら、嫌ですから。
ご先祖供養も一回で終わらせるのも、何年もかかっている間に、私やクライアントに何かあっては意味がないと思っているからです。
せっかちかもしれませんね。
私は、積み残しが嫌なのです。
誤解されるのですが、私は「道徳」「モラル」を押し付けたり、「道徳」「モラル」で物事を解答してません。
伝えられた言葉を伝えているのです。
「道徳」「モラル」は時代によって変わります。
戦争では沢山人を殺せば英雄ですが、今は、凶悪犯罪者です。… 続きを読む

帽子と運気 女性ファッション

知人女性が帽子を買うか、買わないかで迷っていました。

私「そりゃ、帽子は買った方が良いでしょう。」
知人女性「何故?」
私「帽子は女性にとり、運気を上げるものだから」
知人女性「初めて聞いた」
私「そう?皇室や王室の女性は必ず帽子をかぶってるよ。」
知人女性「ああ。たしかに」
私「サンバイザーは逆に運気を下げるんだって。帽子のように目がつまっていないから、エ運気がでちゃうんだって。よく分からないけど。」
知人女性「全く知らない。何故言わなかったの?」
私「当たり前かなぁーと思って。前に神社で言われたから。」
知人女性「言ってよ!」
私「えっ?そんなの知りたいの?」
知人女性「知りたいよ!」
私「じゃあ、バーゲンはあまり良くないよ。運気を吸い取られるよ。」
知人女性「バーゲンはめちゃ疲れる」
私「そりゃ、そうだよ。お客さんはみんな少しでも安く買ってやる!って気持ちだし。
売る方は、少しでもお客さんに売って儲けてやれ!って。
欲望の集まりの場所だから。奪い合いの場所だよ。だから、疲れるし、怖いね」
知人女性「だから、疲れるのか」
私「うん。本当の金持ちは値切らないし、バーゲンで買わないから。
値切ることは、相手を嫌な気分にしてるから。結果として、値切った人は違う形で出費するよ。病気とか、時間とか。」
知人女性「マジか!」
私「うん。だから、見えないからって、欲をかくとロクなことはない。違う形で払うだけ。」
知人女性「ブログに書きなさい」
私「こんな話で良いの?
僕は運気下げるの嫌だから、バーゲンに行かないし、値切りもしないって。違う形で支払うのが嫌だからって」
知人女性「うん」
私「うーん。良くわからん。
金運や恋愛運や仕事運とか上げる方法ってみんな知ってるんじゃないの?」
知人女性「知らないっーの」
私「ええ!神社やお寺とか、霊か、神様か、仏様か、なんかが常に教えてくれるよ」
知人女性「そんなのわからんって!」
私「本当に?じゃあ、ブログに書きます。」
ということで、ファイナルsaleだのMOREsaleだのと、バーゲンにお疲れの時期かとは思いますが、是非ご参考にしていただけますと幸いです。

神や仏や宇宙と繋がる方法

自然がある神社やパワースポットと呼ばれる場所は気持ちが良い場所が多いですね。

神社はそもそもは空っぽです。
だから、霊や神様を繋ぐことが必要になります。
その場所や後地が社だったり、磐座だったりします。
霊能者は、「コード」と呼ばれたりもします。あの世とこの世とを繋ぐと言う意味です。
今日も真夏日の真昼に、凄い大きなトンボが網戸に止まっていました。
勤行して、一休みをした時に気がつきました。
大きなトンボをみて、びっくりしました。
トンボが、いきなり、
大まかに
「自らがある一族の霊である。
因縁をもった家系であるから、子孫の夢にでも立ちたいが、今、トンボの姿でしか現れることが出来ない。
だから、何とかなりませんか?」
と伝えてきました。
真夏日の真昼なのに、わざわざと思って、お話を聞いていました。
私は神や仏でないので、「救う」ことはできません。
お手伝いをしているにすぎません。
また、トンボさんで出て来て居られるご子孫が、私のカウンセリングを申込まれるかも、わかりません。
沢山の方々に、
「桃原さん、もっと鑑定事務所宣伝したら?
ホームページ分かりづらいよ。
行きにくいし。
私がしようか?」
と言って頂けます。
私は、
ご縁がある方がホームページをお読みになり、ホームページに書いてあるものを読まれたらいいし、
そして申込みをなされたらいい、
全ては、ご縁だからと思っています。
私はカウンセリングは流れ作業だと思っていないので、1日沢山こなすことは無理です。
一人一人のクライアントを大切にしたいからです。
トンボさんのご子孫がカウンセリングを申込まれるかもしれません。
それもご縁です。
そして、ご先祖供養をお申し込みになるのも、ご縁です。
クライアントの実生活を崩してまで、ご先祖供養なさることは本末転倒だと思います。
また、クライアントがお金を出すからと言われても、私がお断りすることもあります。
私は、ご先祖を大切になさり、ご先祖の供養もお好きな場所でなされば良いと思っているからです。
トンボさん一族の辛い話を聞き、私は祈る。
トンボさん一族の辛い話を聞き、トンボさんの一族に因縁をもつ一族の苦しみも理解し、祈る。
両方の言い分、言動を判断して、引きずり込まれないように、自己の精神を日々鍛え上げることも大切だと思います。
また、短期的にだけ見るのではなく、長期的に見る。… 続きを読む

今まで毎回、神社やお寺で言われてきたこと。

物心がついた時から、神社やお寺にいくと言葉が降りてきます。
日常生活でも降りてきます。
幼少の頃からなので、全くいつからかわかりません。
毎回、毎回言われてきた言葉があります。
私は、一切無視してきました。
以下のようなことを言われて、人に話したり、実行に移すと、私自身が頭のおかしくなった人と思われてしまうと思っていたからです。
また、無神論者の私には、神や仏は、胡散臭いものであり、
変なメッセージを送ってくる嫌なやつ
と、思っていたからです。
最初は
「八角形の堂の中心に水晶か石の塔をつくりなさい。」
私…意味不明。
一切無視。
私は、法隆寺の近くで育ったのですが、
なぜ、
夢殿のようなものを作るか、全く意味不明。
私はずっーと無視し続けてきました。
何度言われても。
まさに我慢比べです。
今になると
「磐座を作れ!」
と言っていたのだなぁーとは、わかりますが。
次がどんどん具体的になってきます。
ここ数年、神社や寺やパワースポットと呼ばれる場所に行くと、必ず毎回、言われています。
しかし、私は、一切、そのメッセージを無視して、誰にも話しませんでした。
「神か、仏か、宇宙か、知らないけども、そんなことやる気がありません。」
と。
じゃあ、何故今回ブログで話すかと言いますと、
霊か、神か、仏か、宇宙か、何でも良いのですが、
「皆さんに伝えることに意味がある。」
と言うのです。
私は、
「バカげているし、私が頭がおかしくなったと思われるの嫌です。そんなお金もありません」
と反論すると、
霊か、神か、仏か、宇宙か、何でも良いのですが、
「判断するのは、皆さんです。あなたが地道に行動したり、寄付を募ったりしていけば良いのです」
と言います。
私は、
「寄付? 胡散臭いです。私は自分から求めるのは嫌です。寄付も乞食みたいで怪しいです」… 続きを読む