霊視で現実世界をカウンセリングして解決いたします。
霊能・スピリチュアルだけのアドバイスだけではなく、人が日々生きている現実世界との調和が必要だと思っています。
そのため、法律資格や現実世界の学びも生かした、総合的なカウンセリングとコンサルティングをしています。

関帝廟

関帝廟に行って参りました。
沢山の人で賑わっていました。

浄めのお線香を捧げて、
関帝廟の中に入ります。

神様へのお願いとお礼を込めて、
金紙 を捧げてから、
釜で燃やします。
亡くなった人に捧げるのは
銀紙 になります。

金紙を捧げる釜です。

金紙 を燃やしていきます。
皆様の幸せと健康。
そして依頼者のお願いを願います。

紙は勢いよく燃えていきます。
これは、幸先が良いことを表しています。

竈の中は 火 で凄いことになっています。

5束燃やしています。

やっぱり、5束だと時間がかかりますね。
願い事や、
クライアントの依頼が届くように祈っております。

火は中々燃え尽きません。

消えたかと思うと、また燃えてきます。

燃え尽きて、礼をして
祈ります。

ただ、思いますが 金紙 を燃やしたから、願い事を叶えろよという姿勢や心構えでは、無理だと思います。
やはり、謙虚にお願い致しますと、誠実に感謝の気持ちを持って祈り、金紙 を燃やすのが良いと思います。
神様でなくても、普通、人間にものを頼む時に、上からの発言では聞いてもらえないのではないでしょうか?
私の鑑定事務所には、沢山の霊能者や占い師さんを回ってきたとご自慢をされる方がいます。
しかし、沢山の霊能者や占い師さんを回ることが目的ではなく、ご自身がしあわせになる手段であって、目的と手段を間違えてしまっているのではないでしょうか?
ご自身にあったたった一人のオーダーメイドの霊能者や占い師がいることの方が最高に素晴らしいと思っております。
人生は、
経験を大切にして
希望を見て
充実させていきたいですね。
そのためのお役に立てれるなら、私は幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 5 =